ワードプレスのサイトを常時SSL化する簡単な方法

よくわからないままSSL化してしまった

当サイトはロリポップ!を利用しているですが、1クリックでできるようだったので何も考えずにSSL化してしまいました。ですが、ブラウザに相変わらず”保護されていない通信”と出てきていて、これはSSL化はまだ出来てないのかもと思い調べてみました。

ssl01

SSL化のメリット

1.セキュリティの強化

個人情報は、フォームに入力する名前やパスワード、クレジットカード番号だけではありません。通常のページを閲覧している時もcookie等のデータが含まれていることがあります。閲覧履歴やログイン情報等の個人情報も含まれますが、常時SSLによってこれらの盗聴も防ぐことができます。ようはサイトの安全性を高められるということです。

2.信頼性の向上

上の画像にもありますが、”保護されていない通信”となっているのがSSL化されていない”http”からはじまるものですが、SSL化されている”https”のものは下記画像のように”この接続は保護されています”と表示されます。SSL化された安心して利用できるサイトであることをアピールでき、また簡単に視覚で安全なサイトであるということがわかりやすくなります。

ssl023.SEOに有利

SEOとは、Search Engine Optimizationの略。検索エンジン最適化を意味する言葉です。「httpのサイトよりhttpsのサイトの方が検索順位を優遇しますよ」ということです。詳しくは以下を参考にしてみてください。

HTTPS ページが優先的にインデックスに登録されるようになります
Google フレンドリーなサイト制作・運営に関するウェブマスター向け公式情報
HTTPS をランキング シグナルに使用します
Google フレンドリーなサイト制作・運営に関するウェブマスター向け公式情報

早速SSL化を完成させるために調べながらやってみました。

左メニューから設定→一般と進めていきます。WordPressアドレス(URL)と、サイトアドレス(URL)の2カ所の部分の”http”を”https”に変えて変更を保存をクリックします。

ssl03

ログイン画面に変わりますので再ログインします。変わったものが次の画像です。

ssl4

これでサイトのアドレスが”https”になりました。次はサイト内の画像や内部リンクのアドレスも”http”から”https”に変えていきます。これは”Search Regex”というプラグインで簡単にできました。インストール方法、使用方法がわからない方は以下を参考にしてください。

プラグイン”Search Regex”のインストール、使用方法
記事の本文やコメントの内容など、対象を指定して指定した文字列に一致するものを一括して別の文字列に置換することができる便利なプラグイン”Search Regex”のインストール、使用方法を紹介します。 プラグイン”Search Regex”...

使い方がわからない方は以下を参考にしてください。

これで基本的には全てのアドレスが”https”化されているはずですが、それでも”保護されていない通信”と出てくる事があります。色々な原因があると思うのですが、例えばアフィリエイトのコードが”http~”から始まるコードの場合などです。”Search Regex”で置換できない外部URLは手動で”https”に変えていく必要があります。他には使用してるテンプレートに含まれている画像やメニューのカスタムリンクやテキストウィジェットでの追加したリンクなども手動でする必要があります。

ワードプレスのサイトを常時SSL化する簡単な方法のまとめ

ssl5

特に難しい知識や作業は必要なく、プラグインを使ってさくっと出来た感じでした。ですが、サイトを作って月日が結構たっていて記事数も多いワードプレスサイトは手動で直すところが多くでてきて大変かもしれません。それでも割と簡単な部類ではないでしょうか。他にもワードプレスの簡単なカスタマイズ方法を紹介しているのでよかったら見てみてください。

 

 

コメント