WordPressで簡単にアクセス解析を確認する方法

自分のサイトはどれだけの人に見られてるのか気になってしまったので、その方法を調べてみたのですが意外と面倒なことがわかりました。Google アナリティクスが良さそうなのですが、高機能なことは間違いないと思うのですが、やはり少し初心者のわたしには敷居が高いなと思いました。そこまで詳細なアクセス解析は必要なく最低限のことがわかることができる方法を調べました。

プラグインで簡単にわかる方法がありました

外部の他サイトと関連せずワードプレス内で完結して動作してくれるのが魅力的ですね。また使用方法もシンプルに簡単なようです。このプラグインをいれていれば、ダッシュボードからグラフや表で統計情報を一覧で見れるようになるので是非インストールしてみてほしいと思います。”WP Statistics”のインストール方法は以下を参考にしてください。

プラグイン”WP Statistics”のインストール方法
左メニュー→プラグイン→新規追加と進めていきます。検索キーワードに”WP Statistics”と記入し検索、そのまま今すぐインストールをクリックします。 今すぐインストールをクリックします。インストールが完了すると、有効化ボ...

”WP Statistics”の設定方法

左メニューの統計→設定に進めます。

WP Statistics3

外部タブ→GeoIPの設定に進みGeoIP collection と GeoIP City を有効化にし更新します。”WP Statistics”は特に設定しなくてもすぐに利用できますが、 初期設定では統計情報に国や都市名は表示されないので、必要な方は設定を行ってください。これで訪問者の数、参照元検索エンジンが世界各国まで範囲を大きくしてアクセス解析ができるようになります。

サイト内のリンク切れを簡単に確認する方法のまとめ

今回もプラグインで簡単にカスタマイズすることができました。実際にインストールしてみないとわからないかもしれませんが、簡単にインストールでき使用できるプラグインでしたけど機能には大満足でした。

他にもワードプレスの簡単なカスタマイズ方法を紹介しているのでよかったら見てみてください。

 

 

コメント